はちおうじ未来塾

2017-10-31-火

9月某日、我々が卒業した後継者育成塾『はちおうじ未来塾、第11期、第5回講義』・『フロンティアすみだ塾(※下記参照)とHFAの交流会』が同時開催されました。

未来塾のオブザーバー参加としては3名、HFAとの交流会(ボーリング大会)には10数名のフロンティアすみだ塾のメンバーの方に御参加いただきました。

 

※フロンティアすみだ塾

(若手経営者養成事業の一環として、墨田区、関係機関、国内産業人、で構成される『すみだ次世代経営研究議会』が運営を行っている私塾形式のビジネススクールです)

 

 

 

未来塾の講師には第1期のOBとなる【ビデオトロン株式会社・廣濱剛】 氏が登壇!

今回はその未来塾第5回講義のお話をご本人のコメントも含め掲載させていただきます。

 

未来塾を卒業して・・・10年の思い。

第1期として本塾を卒業した廣濱氏は、大学院を出た後、当時、自分のやりたかった仕事であるソフトウエア会社に就職をし、35歳までSE、プログラマーでした。父親の事業をそのまま後を継ぐことには抵抗があり『親の敷いたレールの上を、ただ歩む様な人生で良いのだろうか?自分のしたい仕事をすべきなのではないか?と考え、今とは別の仕事をしていたと』振り返ります。ですが、事業承継という問題を避けていたのも事実だそうです。

 

35歳に転機が訪れ父の起業した会社へ転職。しかし、事業承継への関心はまるで他人事。そんな状況で、37歳のとき、2代目となる社長が誕生し、この時点では承継者でない自分が縁あってはちおうじ未来塾へ入塾しました。

 

事業承継する、または、したばかりの人たちが集まる未来塾。そのような彼らと一緒に伴走支援を受けることへは始終困惑がつきまといました。約一年を通して学んだ集大成ともいえる最後の発表会は当然不完全燃焼・・・。

とは言え、就任して間もない2代目社長が出席されている前で、決意表明はし辛かったことも事実としてあった様です。

 

 

 

 

親の会社を引き継げることが当たり前・・・は無い!

親族として事業承継できることを当たり前の様に思う後継者が居るが、当たり前なんてことは決して無い。実際、2代目社長が退任した後、株譲渡による第三者事業承継が行われ現在に至っています。そのような状態が続いているので、HFAに所属すること自体に疑問も感じていました。しかし去年、未来塾運営委員会より講師をお願いされ、その準備を通じて事業承継に対する意識に大きな変化が訪れました。そういう意味で未来塾やHFAの活動を続けてきて良かったと思っています。と多くのことを語ってくれました。

 

 

今回の講義では、現役塾生への熱く力強い思いは、間違いなく伝わっていると、確信しています。今後の未来塾の内容にも期待が膨らむ大きな一つになると思いました。

 

 

 

 

 

後半の写真は同時開催のボーリング大会と懇親会の写真です。

同じ様な立場の人たちとの交流を持てることは、刺激や励みになります。

最後まで御覧いただいた皆様には、これからもHFAの活動を見守っていただき、同じ仲間として活動出来る機会がありましたら、是非よろしくお願い申し上げます。

オープンファクトリー開催しました

2017-09-28-木

9月某日 日本工学院八王子専門学校テクノロジーカレッジロボット科1年生の特別授業シリーズ「八王子 未来への共創2017~キャリアデザイン&問題発見・問題解決~」としてHFA加盟企業に会社・工場見学(オープンファクトリー)が開催されました
これは学生たちに企業の視察・見学を通して、机の上の授業だけでは学ぶことの出来ない製造業の内情を知り、将来のキャリアデザインを考える良い機会にして欲しいという専門学校の取り組みに普段学生たちが企業を訪れることは滅多にない事もあり八王子市内の製造業9社が引き受ける事となりました
当日、学生たちは3グループに分かれ1グループあたり3社を訪問・見学
学生たちはものづくり企業の現状・仕事の進め方・仕事を通しての苦労や喜びなどの新しい発見をし、受け入れた企業側もいかにして若い人たちに関心を持ってもらうにはどうしたら良いか・事業をわかりやすくどう説明すれば良いか等を考える機会となり、学生・企業側にもとても良い経験になったと思います

HFA会員企業紹介!

2017-09-10-日

株式会社ユーエス

スポーツブランドを中心に、名前やイラスト、またはロゴなど『刺繍縫製』と言うビジネスで幅広く事業展開を行なっている企業である。

 

 

同社の内田公祐氏は「はちおうじ未来塾」を卒塾した後、今までの事業のBtoBに加え、自社の技術をもっと活かせることがないかを模索し、社会や人の役に立つことがないかを考え追い求めて来た。

刺繍は平面ではなく立体的なものになっている。そのボリューム感は高価なイメージに繋がるはず。そして耐久性に優れていて長く形に残せること、など、刺繍と言うものを材質の良いもの(生地など)との組み合わせをすることや、オリジナルのデザインにすることで、価値の高い良いものに出来るのではないかと考えた。

 

『大切な人・大切な思い出』思いを形に残すオリジナルギフトへ!

 

 

 

 

 

 

 

そしてその良さを形にして安く提供する方法。いわゆる商社や大手販売店などを通した場合には、価格はそれなりに上がってしまう。別の方法で、世の中のニーズがどのあたりにあって、質や価格の折り合いをつけるところがどこにあるのか、マーケティングを重ね、また消費者へのアプローチをどういうルートでおこなえば、必要とする人が安く、そして良いものを手に入れられることが出来るのかを考えた。

 

そこで行き着いた答えのひとつとして、独自でネット販売をしてBtoCを展開すること。消費者が満足のいく一品を、イラストから文字のデザインまで、オリジナルなものを形にし、贈り物などを中心に使っていただく。消費者の喜ぶ顔を思い描きながら、着々と準備をしてきて今年に入ってから本格始動を始めている。

 

 

 

画像は商品の一部やユニホームの一部です。

他に幅広く手がけているので、下記URLで是非チェックしてみてください。

 

https://www.us-tokyo.com/

 

http://cob.tokyo/manufacturing/1318

 

https://store.shopping.yahoo.co.jp/irohani-us/

 

 

また、精力的な活動をする内田氏は、同会員同士のコラボ企画なども考え、数社共同での商品開発も行なっている。その一発目となるのが9/16(土)から始まる『八王子市 市制100周年記念事業・第34回 全国都市緑化はちおうじフェア』の中で八王子の中小企業、ものづくりのPRとして、ガチャの設置販売を行なうことになっている。

  

同会員の有力企業5社が集まり、アライアンスをとってフェアのテーマに合わせた夢の詰まった商品開発が見事に完成し、来場した人々を笑顔にするものづくりの良さを伝え、町工場の技術のPRに繋がることに大いに期待したい。

 

緑化フェア開催期間 : 9月16日〜10月15日

場所 : 富士森公園(八王子市内)メイン会場、公式物販ブースにて設置販売

 


コラボ参加企業

(有)伸栄プラスチック

(株)ユーエス

(有)岩沢プレス工業

(有)小池製作所

(株)巧塗装